PRP治療 (PFC-FD治療)

PRP療法 (PFC-FD療法)とは

PRP(Platelet Rich Plasma:多血小板血漿)療法とは、自身の血液に含まれる成長因子による修復機能を活用して治癒を目指す再生医療です。 近年、メジャーリーグの選手などプロスポーツ選手のケガの治療にPRP療法が使用され、一般の方への関節の痛み・腱や筋肉の損傷などに対する治療法としても注目されています。
当院で行うPFC-FD療法では、患者自身の血液を採取しPRPを抽出し、さらに成長因子を豊富に含むPFC-FD(Platelet-derived Factor Concentrate Freeze Dry:血小板由来因子濃縮物-凍結真空乾燥)に加工したものを患部に注射し、自己修復機能を促進し、痛みの軽減や傷ついた箇所の治癒を目指す治療法です。 当院で行うPFC-FD療法は主に変形性関節関節により長期間続く痛みに有効とされていますが、筋肉や腱の付着部、靭帯などの痛みにも効果が期待されています。 詳しくは医師にお尋ねください。

治療の流れ

  • 診察と採血(1部位につき約49ml)
  • 採取した血液を加工委託事業者へ配送しPFC-FDへ加工(配送から加工まで最大3週間)加工したPFC-FDは6か月間保存可能 保存期間内に注射の予約をしてください。
    腱や靭帯の治療の場合2-3か月後2回目の注射を行うこともあります。
    *PFC-FD療法のみを目的とした予約は受け付けていません。
    整形外科の通常の診療を受け(通常の保険診療)、その際にPFC-FD療法に興味のある方は相談してください。
治療の流れ

PFC-FDに含まれる成長因子

  1. 抗炎症作用
    血液中の血小板内には、炎症を抑える働きなどを持つ成長因子が含まれています。
  2. 修復促進
    血小板に含まれる成長因子は、自己修復に必要な細胞増殖を促進させます。
  3. コラーゲン産生を促進
    血小板に含まれる成長因子による線維芽細胞の増殖は、骨や血管を作るために欠かせないコラーゲンの産生を促します。
PFC-FDに含まれる成長因子

費用

PFC-FD療法は保険適用外の治療です。
そのため費用は、自己負担となります。

※自由診療の場合、同日他科の保険診療は受けられません。

PFC-FD注射費用
150,000円(税別)

PRP治療のよくある質問

高齢でも治療を受けられますか?
手術を行わない注射による治療ですので、高齢の患者さんでも受けることが可能です。
関節の状態によっては、年齢にかかわらず手術が適していることもありますので、医師とよく相談しましょう。
関節以外の症状で治療を受けられますか?
アキレス腱など、筋肉や腱の症状への適応となることもあります。まずは現在の症状を医師にご相談ください。
副作用はありますか?
患者さんご自身の血小板から抽出した成分を注入するため、重い副作用は少ないと考えられています。
ただし、注射による一般的な副作用(痛み、赤み、腫れなど)が起こる可能性はあります。