マッチングアプリの会話&メッセージ攻略|最初の話題〜誘い方・初デートで盛り上がるネタを紹介!

記事内に広告を含みます
  広告は18歳未満利用禁止です

「アプリでメッセージが続かない…」「初デートでは何を話せばいいの?」など、マッチングアプリのメッセージ・会話で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

アプリでのメッセージや初回デートでの会話は、相手によって大きく変える必要はありません。

初デートまではパターン化することができるため、誘うまでの流れや会話のポイントを理解して、効率的に出会いに繋げましょう。

本記事では、マッチングアプリの1通目〜誘うまでのメッセージや、初デートでの会話の流れを中心にご紹介していきます。

まずは、デートまでのメッセージについて解説していきます。

マッチングアプリのメッセージで意識すべきポイントは以下の5つです。

  • メッセージの目的はデートに誘うこと
  • メッセージは5〜6通で終わらせる
  • 1通目でデートに繋がる話題を入れる
  • 共通の話題は「美味しいご飯」一択
  • 絵文字は1つに統一して頻繁に使いすぎない

最後に、上記5つを踏まえた1通目の例文もご紹介していきます。

それでは、順に詳しく見ていきましょう。

ポイント①:メッセージの目的はデートに誘うこと

マッチングアプリでのメッセージの目的は、「仲良くなること」ではなく「デートに誘うこと」です。

異性との出会いを求めてアプリを利用している訳なので、どれだけメッセージを続けてもデートに行けなければ意味がありません。

そもそも、写真と自己紹介文しか情報がない相手と、メッセージだけで仲良くなるのは不可能です。

知らない相手とのメッセージはストレスになるため、長く続けるほどお互いの距離は離れていきます。

そのため、メッセージで「仲良くなること」を目的として、だらだらとやり取りを続けるのはおすすめしません。

「電話で話す」か「直接会う」以外に、知らない相手との距離を縮める方法はないのです。

メッセージの目的は「デートに誘うこと」と認識して、最短でお誘いに繋げることを意識しましょう。

ポイント②:メッセージは5〜6通で終わらせる

マッチングアプリのメッセージは、1人につき5〜6通で終わらせるのがおすすめです。

前述した通り、メッセージは長く続けるほど相手との距離が離れていきます。

そのため、相手との距離が離れて離脱される前に、最短でデートにお誘いしてメッセージを終わらせる必要があるのです。

ちなみに、経験上メッセージは5通目以上続けると、離脱率がグッと上がる傾向にあります。

1通目でいきなりお誘いすると印象が悪く、長く続けると距離は離れていくため、デートまでは5〜6通がベストです。

5〜6通あれば十分にデートに誘うことができますし、メッセージ数が少ないのでストレスが蓄積して離脱される心配もありません。

なお、5〜6通目でいきなりデート打診をするのではなく、1通目から「デートに繋がるメッセージ」を心掛けて、自然な流れでお誘いする必要があります。

ポイント③:1通目でデートに繋がる話題を入れる

メッセージの1通目では、必ずデートに繋がる話題を入れる必要があります。

前述した通り、メッセージは最短でデートにお誘いして、5〜6通で終わらせなければいけません。

ただし、会話の流れを無視していきなりお誘いしても絶対に上手くはいかないため、5〜6通目までに「デートにお誘いしても不自然ではない流れ」を作っておく必要があります。

1通目でデートに繋がらない無駄な話題を振ると、5〜6通目までにお誘いする流れを作るのは難しく、だらだらとメッセージを続けている間に返信はこなくなります。

最短でお誘いするために、無駄な会話はせずに1通目からデートに繋がる話題を入れて、自然な流れを作ることを意識しましょう。

なお、おすすめの「デートに繋がる話題」は以下より解説していきます。

ポイント④:共通の話題は「美味しいご飯」一択

メッセージでの共通の話題は「美味しいご飯」にするのがおすすめです。

「美味しいご飯」は嫌いな人がいないため、どんな相手であっても100%共通の話題になります。

また、1通目から会話に出しても不自然ではなく、デートに繋がる話題でもあるため、非常に万能なワードと言えるでしょう。

マッチングアプリのメッセージでは、デートに繋がらない話題を振っても意味がありません。

例えば、以下のような話題はデートに繋がらないためおすすめしません。

  • 仕事
  • アプリを始めた理由
  • デートに繋がらない趣味(音楽、漫画、アウトドアetc…)
  • 休日の過ごし方
  • 天気・季節の話題
  • 今日あった出来事
  • 好きなタイプ
  • 過去の恋愛
  • 学生時代の話

たとえ共通の趣味・話題があったとしても、知らない相手とメッセージで盛り上がるのは非常に難易度が高いです。

だらだらとデートに繋がらない会話をしている内に、相手との距離は離れていってしまいます。

そのため、わざわざ相手のプロフィールを見て、デートに繋がらない趣味に触れる必要はないのです。

マッチングアプリの初デートはほとんど「食事デート」になるため、どんな相手に対しても共通の話題は「美味しいご飯」にしておきましょう。

ポイント⑤:絵文字は1つに統一して頻繁に使いすぎない

メッセージで絵文字を使いすぎると相手に引かれてしまう恐れがあります。

また、文字だけのメッセージは相手に「冷たい」「硬い」などの印象を与えてしまうため、絵文字は1つに統一して適度に使用するのがおすすめです。

自分のキャラクターに合った無難な絵文字を添える程度に意識して使用しましょう。

なお、「ぴえん系」や「ww」などの絵文字・記号は好みが大きく分かれます。

メッセージでは「好印象を与えること」ではなく「マイナスな印象を与えないこと」が重要なので、好みが分かれる絵文字は避けて、無難なものを選びましょう。

【コピペOK】デートに繋げる1通目の例文テンプレート

上記5つのポイントを踏まえて、デートに繋げる1通目の例文をご紹介します。

はじめまして✨

〇〇(名前)です。


美味しいご飯とお酒が好きです。

お話ししましょう!

1通目で自分の名前を入れることで、相手も名乗ってくれる可能性が高いため、「なんて呼べば良いですか?」等の無駄なメッセージを省略できます。

また、「美味しいご飯とお酒」を入れておくと、2通目以降から自然とデートに向けての会話になるため、お誘いしやすくなります。

非常にシンプルな文章ですが、誰にでも使えて返信率は高く、デートにも繋がりやすい万能な1通目なので、是非試してみてください。

マッチングアプリでデートに誘うまでの話題|2通目以降の流れはこれだ!

ここからは、マッチングアプリでデートに誘うまでの話題についてご紹介していきます。

1通目〜デートに誘うまでの流れは以下の通りです。

  • 1通目:「自分の名前+美味しいご飯」を記載する(例文参照)
  • 2通目:1通目からの流れで好きなご飯・お酒の話題へ移行
  • 3~4通目:2通目の話題を深堀り
  • 5通目:よく飲み(ご飯)に行く場所の話題へ移行
  • 6通目:食事・場所の話題からデートのお誘いへ
  • 7通目:電話のお誘い
  • 電話で距離を縮めて改めてデートのお誘い

基本的にメッセージは「質問→共感→深堀した次の質問」の順で進めていきます。

6通目の場所の話題から「おすすめのお店あるので今度ぜひご一緒しましょう」とお誘いしていきますが、この時点では日程調整へと進まないのがポイントです。

距離が縮まっていない状態で日程調整へと進むと、相手に警戒されてしまいます。

そのため、メッセージでのお誘いは曖昧な言い方に留めておき、以下のような自然な流れで電話に繋げていきます。

  1. 曖昧なデートのお誘い
  2. でもまだ相手のことをよく知らなくて不安
  3. だから電話でお話しをする

「電話をする説得力のある理由」を作ってあげると、相手はお誘いに乗ってきてくれるでしょう。

電話でお話をすると相手との距離は縮まるため、そこで改めてデートのお誘いをすると成功率はグッと高くなります。

【解決策】どうしてもメッセージがめんどくさい方へ

ここまで、メッセージの攻略法についてご紹介してきましたが、文章でのやり取りがめんどくさいと感じる方もいると思います。

そんな方は、メッセージなしで出会えるマッチングアプリ「Dine」を利用することをおすすめします。

マッチング後に即デート「Dine」

会員数非公開
料金男性:6,500円
女性:6,500円
年齢層25-40歳
目的気軽なデート

Dineは、マッチング後にメッセージなしで出会いに繋がる話題のデートアプリです。

マッチングしたらいきなりデートがセッティングされるため、「無駄なやりとりなしで会って話したい!」と考えている方にはおすすめのアプリと言えます。

料金は平均よりも割高ですが、Dineは仕組み上、マッチングしたら高確率でデートに行くことが可能です。

また、日程調整・お店選び・予約の手間などが発生しないことも考慮すると、妥当な金額と言えるでしょう。

「メッセージがめんどくさい…」「どうしてもやり取りが苦手で続かない…」と悩んでいる方は、是非1度Dineを試してみてください。

マッチングアプリの会話攻略|初デートで使える4つの話題

マッチングアプリの初デートで使えるおすすめ話題は以下の4つです。

  • マッチングアプリの話題(恋愛話)
  • 趣味の話題
  • 仕事の話題
  • 恋愛の話題

基本的に上記の流れで順に会話を進めていくのがおすすめです。(趣味と仕事の話は順序不同)

まず、マッチングアプリの話題で相手の恋愛観・タイプを探ります。次に趣味の話で楽しい空間を作り、仕事の話で信頼感を高めていきます。

最後に恋愛の話を深堀りして、甘いムードのままお店をでましょう。

順に詳しく解説していきます。

マッチングアプリの話題

初デートの序盤は、マッチングアプリの話題から入るのがおすすめです。

初めにマッチングアプリの話題に絡めた恋愛話をしておくと、デート序盤で相手のタイプ・恋愛観が分かります。

  • どんな相手が好みなのか
  • 何を重視しているのか
  • 恋愛に対してどんな価値観を持っているのか
  • アプリでどんな人と会ってきてその時どう思ったのか

上記のような情報を序盤で知ると、その後の会話を相手の恋愛観に寄せて進めることができます。

また、マッチングアプリに絡めた恋愛話をすると、序盤から「恋愛ムード」が作れます。

序盤はお互い緊張していて堅苦しい雰囲気です。そこで仕事などの話から入ってしまうと、堅苦しい雰囲気が継続してしまいます。

堅苦しい雰囲気から抜け出すのは中々難しいため、序盤で恋愛話をして「異性」として意識させておきましょう。

なお、マッチングアプリの話題は、以下の質問の流れで進めていくと自然です。

「アプリで会うの初めてですか?」

「会ってみてどうでしたか?」
「どんな人だったらもう一度会ってもいいなって思いますか?」

マッチングアプリの話題は、100%お互いの「共通話題」です。

質問を振って共感を交えつつ相手の話を聞くだけで簡単に盛り上がれるため、序盤には非常におすすめの話題と言えるでしょう。

趣味の話題

趣味の話題では、「この人と一緒にいると楽しい」と感じさせることを意識しましょう。

自分の趣味について楽しく話せる相手に対しては、好印象を抱きやすいです。

趣味の話は盛り上がりやすく、簡単に「楽しい」と感じさせることができるため、初デートではおすすめの話題です。

ちなみに、マッチングアプリのプロフや電話で事前に相手の趣味をリサーチしておくと、デート中の会話が非常に楽になります。

具体的には、以下のように簡単なリサーチをしておくと良いでしょう。

  • 音楽なら有名曲を聞いておく
  • 漫画・アニメ・映画なら簡単なあらすじ・キャラクターを把握しておく
  • アウトドア系ならネットで「魅力」や「あるある」を調べておく

「共通の趣味」は事前準備でいくらでも作れます。

なお、相手の趣味について、詳しくなる必要は全くありません。相手の話に受け身を取れる程度の浅い知識があれば、会話は十分に盛り上がります。

仕事の話題

マッチングアプリで避けては通れないのが、仕事の話題です。

これから交際に発展するかもしれない男女が出会うため、高確率で仕事の話題は出てきます。

そんな仕事の話題では、「信頼感を高めること」を意識しましょう。

共感を交えつつ、相手の仕事の悩みや愚痴を聞くと、自分に対しての信頼感はグッと高まります。

信頼感が高まると相手との心の距離は近づくため、中盤で仕事の話を振って上手に悩みや愚痴を引き出しましょう。

なお、仕事の話題も趣味と同様、事前にリサーチしておくと会話が非常に楽になります。

例えば、相手の職業を以下の通りにリサーチして、「やりがい」や「大変なこと」を調べておきます。

  • 「保育士 大変なこと」
  • 「看護師 やりがい」

リサーチした情報を基に、「〇〇って大変そうですよね」などと話を振ると、相手が勝手に話し出してくれるでしょう。

後は共感を交えつつ、相手に寄り添って話を聞いてあげるだけです。

恋愛の話題

最後に恋愛の話題を深堀りして、甘いムードのままお店を出ます。

基本的に恋愛の話は、以下の通り現在から過去へと遡っていく形で質問していくと、非常にスムーズに進みます。

  • マッチングアプリ始める以前はいつ頃お付き合いしてたんですか?
  • どうして別れちゃったんですか?
  • これまではどんなタイプの人が多かったんですか?

なお、序盤で踏み込んだ恋愛話を振っても、距離が縮まっておらず信頼もないため、相手は深くまでは話してくれないでしょう。

そのため、序盤では軽くに留めておいて、終盤で改めて深堀りしていきます。

初対面の人には話さない所まで深堀りして引き出すことで、相手は「この人とは距離が近い」と錯覚してくれます。

相手の話は決して否定せずに、共感を交えて「理解者」になることを意識して話を聞いていきましょう。

初デートの会話で意識するべき5つのポイント

初デートの会話で意識するべきポイントは以下の5つです。

  • 相手の話を聞いて共感・肯定する
  • 自分の話も適度にして自己開示する
  • リアクションを意識する
  • 相手の名前を意識的に呼ぶ
  • さりげないスキンシップを適度に取る

順に詳しく解説していきます。

相手の話を聞いて共感・肯定する

デートでの会話で最も重要なことは、相手の話を聞いて共感・肯定することです。

人は自分を知ってもらいたい生き物であり、話を聞いて共感・肯定してくれる人に対して好感を抱きます。

共感・肯定をしてあげると気持ちよくどんどん自分の話をしてくれるため、自然と会話は盛り上がるでしょう。

また、人は自分の情報を深く知っている相手ほど「距離が近い人」「親しい人」と認識します。

つまり、共感・肯定してどんどん話を引き出すことで、実際には距離がそこまで近くなくても「距離が近い人だからこんなに話した」と錯覚させることができるのです。

「初めてのデートだから自分をよく知ってもらいたい」とアピールしたい気持ちは分かりますが、デートの基本は「聞くこと」です。

コミュニケーションが苦手な方でも、聞き上手になれば勝手に会話は盛り上がり、相手からの印象も良くなります。

自分の話し過ぎはNGなので、相槌、共感、肯定を意識しながら聞き役に徹して、相手から話を引き出すことを心がけましょう。

自分の話も適度にして自己開示する

初デートでは、相手の話を聞くと同時に、自分の話を適度にすることも非常に重要です。

自分の話をして自己開示を行うと、相手との信頼関係が深まり、距離が縮まる効果が期待できます。

また、自己開示をすると「返報性の法則」が働きます。

「返報性の法則」とは、相手から何か(情報)を受け取ったときに「自分も同じように返さなきゃ…」という気持ちになる心理効果のことです。

前述した通り、人は自分の情報を深く知っている相手ほど「距離が近い人」「親しい人」と認識します。

自己開示をすることで相手も自分の情報を話してくれるようになるため、会話は自然と盛り上がり、距離感もグッと近くなるでしょう。

ただし、自分の話をし過ぎてしまうのは良くありません。

あくまでも聞き役を軸として、自分の話は適度にする程度に留めておきましょう。

リアクションを意識する

初デートでは、常にリアクションを意識して会話を進めていきましょう。

初対面の相手とのデートでは、どうしても雰囲気が固くなりがちですが、リアクションを取ると会話がスムーズになります。

「何を考えているのか」「どう思っているのか」が分かると相手の警戒心や固い雰囲気が溶けてグッと話しやすくなるのです。

なお、リアクションの具体例は以下の通りです。

  • ご飯・お酒を飲んだ時に「美味しい」と口に出す
  • 相手の話を相槌、共感を交えて聞く
  • たくさん褒める
  • たくさん笑う
  • 目を見つめて微笑む
  • ストレートに「好意」があることを伝える

リアクションは「分かりやすく、おおげさに」が基本です。

特にデート序盤の乾杯の際、飲み物を口にして「美味しい」と分かりやすく笑顔でリアクションを取ると、固い雰囲気が一気になくなります。

誰にでもできて簡単に序盤の固い雰囲気をなくすことができるため、非常におすすめの方法です。

リアクションを意識するだけでデートの成功率はグッと高くなるため、是非試してみてください。

相手の名前を意識的に呼ぶ

デートでの会話中、相手の名前を意識的に呼ぶと、あなたへの好感度は自然とアップしていきます。

なぜなら、名前を呼ぶと「ネームコーリング」という心理効果が働くからです。

「ネームコーリング効果」とは、名前を呼ばれた相手に対して好感度が高くなる心理効果のことです。

人は自分の名前を無意識に好ましいと感じています。好ましいと感じている名前を呼んでくれる相手に対しては、好印象を抱きやすいのです。

名前を呼ぶだけで自然と好感度が上がり距離感も近くなるため、非常におすすめの方法と言えるでしょう。

なお、デート中だけではなく、LINEや電話などでも意識的に名前を呼ぶことをおすすめします。

さりげないスキンシップを適度に取る

スキンシップを取ると、異性として意識させることができると共に、相手との距離感もグッと近くなります。

ただし、距離が全く縮まっておらず、信頼関係もできていない序盤でのあからさまなスキンシップは引かれてしまうでしょう。

序盤でのスキンシップはさりげなく自然と取るのが基本です。

自然なスキンシップの取り方として、具体的には以下の例が挙げられます。

  • 取り皿・飲み物を受け取る際に軽く手に触れる
  • ネイルを褒めて指に触れる
  • 指の流れで手の小ささや綺麗さを話題に出して触れる
  • 飲み物を一口もらう
  • 手を繋ぐ

あくまでもさりげなく、自然にスキンシップを取るのがポイントです。少しでも不自然さが出ると相手に気持ち悪いと思われてしまいます。

そのため、不自然さが出てしまう位なら、デートに慣れるまでは控えた方が良いでしょう。

なお、相手との距離が十分に縮まっていれば、初デートでも問題なく手は繋げます。

直接的なスキンシップを許してくれるのは距離感が近い証拠なので、手を繋ぐ段階までいけたら2回目に繋がる確率は高いでしょう。

マッチングアプリの初デートで避けるべき3つの話題

マッチングアプリの初デートで避けるべき話題は以下の3つです。

  • お金に関連する話題
  • 愚痴・自慢
  • 過度な下ネタ

初デートでは、年収や貯金額などのお金に関連する話題はするべきではありません。

結婚を前提とした出会いを探している方であっても、初デートでいきなりお金の話題を出すと、相手に引かれてしまうでしょう。

また、愚痴や自慢、過度な下ネタも相手にマイナスな印象しか与えないため、話さないように注意してください。

なお、軽度の下ネタは相手や目的によっては有効な話題になることがあります。

例えば、若くて遊んでそうな子が相手で、かつワンナイト狙いの場合は、軽度の下ネタを挟むことで会話は盛り上がり、ホテルにも誘いやすくなるでしょう。

ただし、どちらにしても過度な下ネタは引かれるため、控えるように心掛けてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です